FC2ブログ

記事一覧

映画「青天の霹靂」

seiten_ueda_B2_web.jpg 

レンタルして観ました!

面白かったです!!


お笑い芸人の劇団ひとり原作、監督作品。本人も出演してます。
そして主演は大泉洋。

主要ロケ地のひとつとして、長野県上田市が使われていました。
seitenjoei0001.jpg 


あらすじ

売れないマジシャンの主人公・晴夫。

自身のうまくいかない生活をホームレスに成り下がり失踪していた父と、そこから逃げた母親のせいにする日々。

ある日、ホームレスの父が病死して発見された、との連絡。

なにもかも嫌になっていた晴夫だが、「青天の霹靂」に撃たれ、タイムスリップ。

両親が出会ったばかりの時代にワープし、そこで今まで知らなかった若き両親の姿に出会う・・・
98777.jpg 





劇団ひとりの作品は彼のコント同様、よく練られた伏線と不思議と味のあるキャラクターによって成り立っている、と私は思っています。


ベストセラーだった小説「陰日向に咲く」も読みましたが、あれも文章一つ一つがすべて"ひとり"テイストなので、まるで彼のコントを見るかのように笑いながらサクッとよんでしまいました。


この映画についても同じで、いろいろなキャラが現代と未来の両方の顔を見せ、触れ込みどおり見ている人に笑いと感動の涙を感じさせてくれました。

ふだんの10分たらずのコントでは表現できない世界を、本や映画で試してるんでしょうね。

今後もひとりカントクの作品が楽しみです。

大泉洋のスタントなしのマジックシーンも、圧巻でした!!!
20140320-seitennohekireki5_v.jpg 


そして
我がホームタウン、上田市がロケ地になっていたのもあり気になっていたのもやはりあります。

浅草の演芸場「雷門ホール」として使われていたのは、今は使われていない映画館、「上田映劇」(イベント会場としては残っています)。
なじみのある建物でしたが、劇中ではきれいにネオンサインなどが取り付けられ、実際の面影は少なめでした。
でも上田市民としては誇らしい事実です。

他はどこが使われていたか・・・あまり分からず(笑)


大泉洋と上田市は今年も「真田丸」でつながりがありますね。
上田市の町おこしがもっともっと進めばいいですね。


images_20160917123258d8e.jpg 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


カテゴリー

ダイゾーについて

ダイゾー
せいべつおとこ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX

検索フォーム

訪問者数(R2.2.4~)