FC2ブログ

記事一覧

DVD:仮面ライダー(TVシリーズ) vol.2



TV番組は番組改編期、全く面白くないですね。



なのでツタヤでDVDを借りてきて観てました。

「仮面ライダー(TVシリーズ) vol.2」

何年も前にvol.1は借りた事があったのでvol.2から借りてきました。正直、その時は退屈すぎて見てる途中で寝てしまったんですが・・・
毎回同じようなストーリーで、それが1枚に6話〜7話も入ってるんです。
映像も'71年のものなんで、かなり古いですしね・・・。


だからディテールのクオリティーが低いのは致し方ない事ですが・・・
・人間が怪人の光線によって骨になったとき、「骨」がどうみてもペラペラした"紙"だった時
・ヒロインがバイクを運転するときだけものすごいブサイク(たぶんスタントマン)だった時
は爆笑してしまいました。


それでも、最近のライダー作品と違ってCGは当然なく、時代劇ばりの見事なアクションシーンが熱演されていて、正直その辺は結構見応えがありました。
スタッフに「大野剣友会」がクレジットされてるし・・・本当に時代劇仕込みのテクだったんでしょうね。


そして、やはりこの頃はホラーっぽい要素が強く、おどろおどろしい雰囲気も出てました。

個人的な感想ですが、怪人やショッカー戦闘員がライダーに倒される後、"爆発"するのではなく、グジュグジュとスライム状に溶けていくやられ方はなかなか気色悪いですね。



今回見たのは13話までだったんですが、本郷猛役の藤岡弘はライダー撮影時のケガのため14話から一時降板、14話からは急遽仮面ライダー2号こと一文字隼人(佐々木剛・演)が登場します。
要はこのケガがなければ2号ライダーの存在自体もなかったのかも・・・と思うとちょっと感慨深い。


そして、私も最近改めて知ったんですが、今ではおなじみの"変身ポーズ"と「ヘンシン!」のかけ声。
実は取り入れられたのは14話以降、2号ライダーになってからなんだそうです。
それまではバイクの加速によってベルトの風車を回し、変身してました。
しかしポーズをつけて変身することにより、当時のちびっこ達がマネして遊ぶようになり、それまでは低迷していた視聴率もグッと上がったんだとか。


人気の裏でいろいろ、ご苦労してるんですねえ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2021年08月 | 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


カテゴリー

ダイゾーについて

ダイゾー
せいべつおとこ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX

検索フォーム

訪問者数(R2.2.4~)